バラの花言葉は色によって異なる

◆バラの花言葉は?

バラの花こそ女性のよろこび 花にはそれぞれ「花言葉」というものがあります。

例えば、ひまわりには「光輝」、朝顔には「愛着」などがあります。では、女性に贈る花の定番であるバラには、どんな花言葉があるのでしょう。

一般的に知られているバラの花言葉は、「愛」や「恋」です。

花言葉からみても、好きな女性に贈る花としては、ピッタリなバラですが、花の色によっても花言葉には違いがあります。

◆バラの花言葉は色によってさまざま

バラといえば、赤が思い浮かびますよね。

・赤いバラの花言葉は「情熱的」「美しさの象徴」などです。
・清楚なイメージの白バラは「純潔」「心からの尊敬」

・愛らしいイメージのピンクのバラは「上品」「温かい心」「美しい少女」、また「病気の回復」という言葉もあります。

・黄色のバラは、「友情」「献身」という花言葉のほかに、「別れよう」「不貞」「嫉妬」などとマイナスの意味を表す言葉もあります。

◆組み合わせによってかわるバラの花言葉

また花色の組み合わせによっても花言葉に違いがありますよ。

・赤いバラの中に、白いバラを添えた場合、「温かい心」や「和合」という花言葉になります。
・黄色のバラの中に、赤いバラを添えた場合は、「どんなにあなたが不実でも・・・」

また、色の組み合わせではなく、

・3本の蕾のバラと1本の花の場合は「あのことは永遠に秘密」
・2本の花と1本の蕾の場合は「あのことは当分秘密」

などという言葉になります。

花言葉は色々調べてみると、おもしろいですね。
花言葉を詳しく知っている人は少ないでしょうが、プレゼントとして贈る時に、このような花言葉を添えて贈ると、とてもお洒落ですね。
バラの花こそ女性のよろこび

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ